もう「将棋をすれば痩せられるかも!?」で失敗しないダイエットの基本!

さて、この記事をお読みになっているということは、痩せたい人ということになりますよね?痩せたくないのにこの記事を読む人はいないと思いますが(笑) さて、ダイエットをする上ではご飯を食べなければすぐ痩せられるだろうと思っている人はいませんか?もし、そのような考え方をしているのであれば考え直してください。私も昔はそのような考え方をして失敗したクチなのですが。。。

スポンサードリンク

一番重要な筋肉が落ちていく!?

よくダイエットの本などを見ると1日の食べたご飯のカロリーと消 費カロリーの差の分が太る原因になるので、ご飯を食べる量を減らすと体重&脂肪は落ちていきます・・・などと書かれていたりしますね。これはたしかに間違いとはいえないのですが・・・正解ともいえないのです。たしかに食べないダイエットをすると、体重はすぐに落ちていきま す。おお~(●^o^●)やったぜ!などと思わないでね。食べないダイエットをした場合、ダイエットをするにあたっての一番重要な筋肉が落ちていくことになるのです。

基礎代謝

皆さんは基礎代謝という言葉をご存知でしょうか?これは人間が意識しないで消費されるカロリー(呼吸や睡眠、体温の 調節)となります。この基礎代謝は一番カロリーが消費されるのですが、筋肉が落ちると基礎代謝が低くなってしまうので、食べないダイエットをするということは、痩せるどころか、太りやすい体質を自ら作り出すこと になってしまうのです。ナンテコッタ(>_<)

ではどうすればいいのかというと、勘がいい方は分かっていると思いますね・・・ふふふ・・・そう!筋肉を鍛えればいいのです。「ええ~筋肉を鍛えるのかぁ~めんどうだなぁ」と思われるかもしれませんが、ダイエットをするには筋トレは欠かせません。

筋肉を鍛える=基礎代謝向上=痩せやすい体質になる

ということなのですね。

2種類の運動

運動には2種類あるって知っていますか?有酸素運動無酸素運動です。先ほどの筋トレは無酸素運動に入ります。まあ簡単にいうと息を吸うか吸わないかですが(本当に簡単だなw) 有酸素運動とは、ウォーキング、ジョギング、エアロビクス、水泳 など息の上がらない程度の継続して行う運動のことをいいます。この有酸素運動は直接脂肪を燃焼させるため、よくダイエットをするには有酸素運動がいいと聞きます。

実をいうとこの有酸素運動、あまりカロリーを消費しません<(`^´)> たとえばウォーキングを1時間した場合のカロリーの消費量というのは、ご飯茶碗1杯分なのです。しかも脂肪が燃焼されるまで、20分以上かかりますので、毎日するとなると現代の人はできることのほうがまれだと思います。

では無酸素運動の筋トレはどうかというと、筋トレは直接脂肪燃焼しませんが、3ヶ月程筋トレをすると、基礎代謝を高めることになり、1日何もしないでもウォーキング1時間程のカロリーを消費することになるのです。しかも筋トレをしたあとの数時間は脂肪が燃えやすい状態になりますので、その時に有酸素運動などをすると効率よく脂肪が燃えてくれますので、おすすめです!筋肉をつけるのがダイエットをするには最適だと分かって頂けたと 思います(^_^;)

筋トレの正しいフォーム

ですが、正しいフォームで筋トレをしないと 逆に効果が少ないばかりか体を痛める原因になってしまいますので。。。正しいフォームをネットで調べたところ 分かりやすいサイトを見つけましたので参考にしてください。


スポンサードリンク

腕立て伏せ

  • アゴはあげて視線は前方に!
  • 腕を肩と水平にしない!
  • 背中を丸めず足から首まで1本の棒のようにピーンと固定!
  • お腹が地面につかないように腹筋にも力を入れて体をまっすぐ保 つ!
  • 息を吐きながら上げ吸いながらゆっくり下ろす!

http://www.cudan.ws/kinyo/udetatefuse/-01.html からの引用

筋トレの注意点

筋トレをするときの注意点としましては、

  1. 1日やったら、最低1日休む!
  2. 一週間に2,3回程度
  3. 筋肉痛の部分は筋トレしない
  4. きつくない筋トレは効果なし!だがやりすぎは禁物

などです。 これを守らないとけがをすることになりますので守ってくださいね。

肥満体の人は少し事情が違います

さて、食べないダイエットはやめたほうがいいと書きましたが、肥満体の人は少し事情が違います。肥満体の人は少しだけ食べないダイエットをしたほうがいいのです。肥満体の人は脂肪がかなり付いているのでエネルギーがかなりあります。なので筋トレをしながら、ほんの少し100キロカロリー程の食べないダイエットをしたほうがいいでしょう。

食べるときの注意点

今までは筋トレのことを書きましたが、食についても少しばかり書 きましょう。人間は朝、昼、晩、ご飯を食べますよね。え!もっと食べているって(うっそ~ん) 人間が最もご飯を食べるべき時間帯は・・・実をいうとお腹が空いているときです。何を当たり前のことを言っているのだ<`ヘ´>と思われるかもしれ ませんが、これは本当なのです。昔から空腹は最大の調味料と言う言葉がありますが、これ程的を射ている言葉はありません。

よく噛む

食べ物を食べるときの注意点があります。これも当たり前といえば当たり前のことなのですが・・・ながら食いをしない(テレビを見ながら食べたり、新聞を読みながら食べたりなど) 。噛む回数を多くする(最低でも30回)早食いはしないです。ながら食いをすると、よく噛まないで食べ物を胃に送り込まれます。そうすると、食べ物と唾液があまり混ざらないので、消化するのが 大変になってしまうのです

ゆっくり食べる

食べ物を食べてから、お腹が一杯になるまで、20分程かかると いわれています。ですが早食いなどをするとお腹が一杯と感じる前 にお腹一杯以上の食べ物を食べていたりして、あとで苦しくなって しまいますので、食べ物はできるだけゆっくり食べたほうがいいで しょう。

どうしても早食いがやめられないという方もいると思います。そんな時にちょっとした裏技を・・・それは食べ物を食べる2,20分前にナッツなどの食べ物を少し食べるのです。フルーツなどもおすすめです。食べる前にコップ1杯の水を飲むことも食べすぎをある程度は防ぐことができます。

最後に・・・将棋は・・・!?

実は頭を使っているとカロリーが消費されているのです。例えば将棋や囲碁のプロなどは痩せている人が多いですよね。これは頭を使って、いろいろな策略を練っているときにカロリーが消費されているのです。だから将棋や囲碁をやれということではありませんが。。。(笑)勉強などでもやればカロリーを消費されます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です