うつ病克服の体験談~”共存する”で就労できました!

2007年7月うつ病、パニック障害と診断され3度の休職を繰り返 した後、会社を退職させられました。6カ月間障害者就労支援センターにて就労支援、療養生活を経て2012年4月18日に無事パートタイムで再就職しました。

今は病気と共存して生きています。この6カ月の間に自分が心がけてきた事はたった一つの事です。何故仕事が続けられなくなったのか?よく考えてみました。答えは単純でした。朝が起きられなくて仕事に通えなくなったからだったのです。

ではそれを解消するにはどうしたらいいのか?睡眠の質を高める必要がありました。そこで主治医に相談して、とにかく眠れる薬を処方してもらいまし た。次に自分がした事・・・毎朝決まった時間、8時に目を覚ましカーテンを開ける事です!

直接太陽の光を浴びる事によって体内時計が修正されます。元々人間の体内時計は25時間に出来ているそうです。日光を浴びる事によってそれを24時間にリセットさせたのです。簡単に出来ますよね!

スポンサードリンク

出来る事を探す

とにかくうつ病になると出来ない事ばかりにスポットを当ててしまいます。それでマイナス思考に陥ってしまう事が多々ありました。では今の自分には何だったら出来るのだろう?そう考えてみる事にしました。

パソコンなら出来る

真っ先に思いつきました!出来る事が見つかったのです。後は簡単でした。毎日決まった時間に目覚めパソコンを出来る環境を探すだけでした。その時に見つけたのが障害者就労支援施設B型施設です。

ここなら無理なく通えて生活リズムの安定に役立つと思いました。決めたら行動あるのみでした。早々に面談を受け利用者登録を市に申請しました。最初一週間は気が張っているせいか皆勤出来ました。

マイクロソフトスペシャリストの資格

一週間後に営業事務のアシスタントをしてみないか?社長から声がかかりました。当然受けました。たった一週間で社会復帰に向けたリハビリが始まったのです。エクセルの資格を取ろうと決めていたので、仕事と学習に対する意欲がわいてきました。失業保険が一年支給されるので半年先には就労しようと、その時点で目標が出来ました。

どんどんプラスの方向に進んで行きました。精神的にも居場所が出来たので落ち着けたのだと思います。通所3ヶ月目にはエクセル2007-4か月目にワード2007マイクロソフトスペシャリストの資格も取りました。


スポンサードリンク

まずは3カ月。。。

これで自信が付きました!自分にも出来る事があると、実感した瞬間でした。5ヶ月目からはハローワークや求人誌を見ながら社会復帰に向けて歩きだしていました。まずは3カ月アルバイトをして社会経験を積む事に決めました。実際8時間働けるかどうか試してみたかったのです。

2011年12月21日からアルバイトで再就職してみました まだ本当に働けるのかどうか不安があったからです。3カ月のアルバイト生活も率なくこなせたので、次は準社員での雇用を探し出していました。

運良く今の会社が新規事業所として募集していました。即電話を入れ合同説明会に参加社会保険にも加入出来る会社であったので即決で決めました たった朝決まった時間に起きると決めてから半年で無事社会復帰に進みだしていたのです。

病気を受け入れ病気と共存して生きる!

全てがプラスの方向に進んで行きました。運が良かったのか運を引き寄せたのかどちらでしょう?行動してなかったら今の自分は存在していなかったと思います。病気を受け入れ病気と共存して生きる。たったこれだけの事を決めただけで視界が開けたのです。出来ない事に目を向けて負のループに陥らなかったのが幸いしたのだと思います。

考えるより即行動

考え出したら切りがありません。。。まずは行動あるのみだと思います!どうせ家に居ても悶々と堂々巡りしてしまうだけです。決して療養にはなりません!社会と触れ合う事から動き出した事が結果として良い方向に向いたのだと思っています。自己否定や他人と比べて自己卑下しても自分が苦しくなるだけです。

どうか、たった一つの事にチャレンジしてみて下さい。朝決まった時間に目覚め窓のカーテンを開く ここから自分の社会復帰が始まりました。誰でも簡単に出来る事ですよね?質の良い睡眠さえ取れればうつ病でも就労は可能です。

最後に・・・

自分は精神障害者保健福祉手帳3級保持者で障害厚生年金も3級で受給しています。45歳のそんな自分にも就労が出来たのです。誰だって可能ですよね。若ければ尚更チャンスは広がります。一歩踏み出すだけで結果は変わってくるのです。後は自然と引き寄せの法則が働いて導いてくれます。時間は有限です。有効利用してください!



スポンサードリンク

【解禁】禁断の両建てFX投資の手法~他言厳守!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です