高血圧を食事で改善する二つのポイントとは!?

高血圧を治すには、生活習慣の改善と薬物療法の二つがあります。高血圧になる原因の環境因子である食慣習は高血圧と多いに関係があります。食事の改善をして高血圧になる要素を減らしていくことが、高血圧を治す食事療法の中心となります。

体内のナトリウム濃度と減塩

高血圧を食事で改善するには減塩と食べすぎの解消です。塩分を多く取りすぎると、血圧が上がるのは、塩分の取りすぎで体内のナトリウム濃度 があがると濃度を低くしようという作用が起こります。

つまり、のどが渇くことによって水分の補給をします。すると血液中の水分量が増え、心臓はより多くの血液を送り出さなければならなくなります。その結果心臓のポンプ機能に負荷がかかり、血圧が上昇してしまいます。ほかにも塩分をたくさん摂取すると、血圧をコントロールする交感神経が働いて血圧 が上昇してしまいます

塩分の取りすぎは、以上のように血圧を上昇させてしまうので、高血圧を治す食事療法に減塩は欠かせません。日本人が1日に摂取している食塩の量は、約13gにもなります。健康な人でも望ましい塩分量は、1日10g程度なので、多くの日本人は塩分を取りすぎていることになりますね。

高血圧症の人ならば、6~7g以下に制限することが望ましいといわれています。1日の塩分量を7g以下にすると、二日で血圧が下がったというデータもあるほどです。高血圧を改善するには減塩に留意した食事をとることがいかに大事か分かると思います。

食べすぎのエネルギーオーバー

食べすぎは食事からのエネルギーオーバーを招き肥満につながります。肥満は高血圧症につながり、動脈硬化などの合併症を助長させます。肥満で体が大きくなると、その分体のエネルギー消費量が増え、心臓から送り出される血液が増えるため血圧が上昇します。

肥満解消は高血圧を治すばかりでなく、生活習慣病の予防にもなるので、食事のカロリーに注意した食事をとって食生活の改善をしたいものです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク

高血圧の症状

高血圧の症状は、これといった症状、自覚症状がありません。高血圧は欧米ではサイレント・キラー(静かなる殺人者)と呼ばれて恐れられてきたのもわかりますね。 ただし、頭痛・頭重・肩こりといった一般的なほかの病気にも見られる症状が血圧が 高いとしばしば現れます。

更年期の血圧の高い女性に多く見られる、のぼせ感・動悸・めまいなどもほかの一般的な病気と同じような症状といえるでしょう。高血圧に、これといった特有の症状はなく、血圧がそうとう高くても、けろりとしていて全く無症状の人もいます。ですので症状がないからといって、高血圧症でいいということはありません

また先に述べた症状があるからといって、高血圧症であるとも限ら ないのです。高血圧を、これといった自覚症状がないために、適切な治癒をしないでそのままにして置くと、あちこちの血管が痛んで、静かに動脈硬化が進み危険な合併症を引き起こ してしまいます。

高血圧の人は、知らないうちに致命的なダメージを受けていることが多いのです。あらためて高血圧がサイレント・キラーと呼ばれていることに納得してしまいますね。高血圧は、脳・心臓・腎臓に重大な悪影響を与え、合併症を引き起こします。脳に合併症が出ると、手足がしびれたり麻痺したり、目が見えなくなったり、しゃべれなくなったりなどの、神経の症状が出てきます。

心臓に合併症が出ると、動悸・息切れ・浮腫がでてきたり、夜間尿が目立ったりという 症状が出てきます。腎臓に合併症が出ると、むくみが出たり、尿が多くなったり、少なくなったり、夜間尿が 目立つ症状が出てきます。ただし、これらの高血圧の症状は高血圧によって二次的に起きた合併症による症状です。高血圧による症状はあくまでも、これといった症状はありませんので、ご注意願います。

最後に・・・

高血圧を改善するには、減塩に留意した食事をとることが、いかに大切かが分かると思います。肥満は高血圧症につながり、動脈硬化などの合併症を引き起こします。生活習慣病の予防にもなるので、カロリーに注意した食事をとって改善したいものです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です