高血圧を食事で改善する二つのポイントとは!?

高血圧を治すには、生活習慣の改善と薬物療法の二つがあります。高血圧になる原因の環境因子である食慣習は高血圧と多いに関係があります。食事の改善をして高血圧になる要素を減らしていくことが、高血圧を治す食事療法の中心となります。

体内のナトリウム濃度と減塩

高血圧を食事で改善するには減塩と食べすぎの解消です。塩分を多く取りすぎると、血圧が上がるのは、塩分の取りすぎで体内のナトリウム濃度 があがると濃度を低くしようという作用が起こります。

つまり、のどが渇くことによって水分の補給をします。すると血液中の水分量が増え、心臓はより多くの血液を送り出さなければならなくなります。その結果心臓のポンプ機能に負荷がかかり、血圧が上昇してしまいます。ほかにも塩分をたくさん摂取すると、血圧をコントロールする交感神経が働いて血圧 が上昇してしまいます

塩分の取りすぎは、以上のように血圧を上昇させてしまうので、高血圧を治す食事療法に減塩は欠かせません。日本人が1日に摂取している食塩の量は、約13gにもなります。健康な人でも望ましい塩分量は、1日10g程度なので、多くの日本人は塩分を取りすぎていることになりますね。

高血圧症の人ならば、6~7g以下に制限することが望ましいといわれています。1日の塩分量を7g以下にすると、二日で血圧が下がったというデータもあるほどです。高血圧を改善するには減塩に留意した食事をとることがいかに大事か分かると思います。

食べすぎのエネルギーオーバー

食べすぎは食事からのエネルギーオーバーを招き肥満につながります。肥満は高血圧症につながり、動脈硬化などの合併症を助長させます。肥満で体が大きくなると、その分体のエネルギー消費量が増え、心臓から送り出される血液が増えるため血圧が上昇します。

肥満解消は高血圧を治すばかりでなく、生活習慣病の予防にもなるので、食事のカロリーに注意した食事をとって食生活の改善をしたいものです。

スポンサードリンク

高血圧の症状

高血圧の症状は、これといった症状、自覚症状がありません。高血圧は欧米ではサイレント・キラー(静かなる殺人者)と呼ばれて恐れられてきたのもわかりますね。 ただし、頭痛・頭重・肩こりといった一般的なほかの病気にも見られる症状が血圧が 高いとしばしば現れます。

更年期の血圧の高い女性に多く見られる、のぼせ感・動悸・めまいなどもほかの一般的な病気と同じような症状といえるでしょう。高血圧に、これといった特有の症状はなく、血圧がそうとう高くても、けろりとしていて全く無症状の人もいます。ですので症状がないからといって、高血圧症でいいということはありません

また先に述べた症状があるからといって、高血圧症であるとも限ら ないのです。高血圧を、これといった自覚症状がないために、適切な治癒をしないでそのままにして置くと、あちこちの血管が痛んで、静かに動脈硬化が進み危険な合併症を引き起こ してしまいます。

高血圧の人は、知らないうちに致命的なダメージを受けていることが多いのです。あらためて高血圧がサイレント・キラーと呼ばれていることに納得してしまいますね。高血圧は、脳・心臓・腎臓に重大な悪影響を与え、合併症を引き起こします。脳に合併症が出ると、手足がしびれたり麻痺したり、目が見えなくなったり、しゃべれなくなったりなどの、神経の症状が出てきます。

心臓に合併症が出ると、動悸・息切れ・浮腫がでてきたり、夜間尿が目立ったりという 症状が出てきます。腎臓に合併症が出ると、むくみが出たり、尿が多くなったり、少なくなったり、夜間尿が 目立つ症状が出てきます。ただし、これらの高血圧の症状は高血圧によって二次的に起きた合併症による症状です。高血圧による症状はあくまでも、これといった症状はありませんので、ご注意願います。

最後に・・・

高血圧を改善するには、減塩に留意した食事をとることが、いかに大切かが分かると思います。肥満は高血圧症につながり、動脈硬化などの合併症を引き起こします。生活習慣病の予防にもなるので、カロリーに注意した食事をとって改善したいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク




ある市販のEA(自動売買プログラム)で初期資金1万円が約4億円の利益になるパラメータ設定方法を150万でお教えします。直接、お会いしてのお渡しになります。ご希望、お問い合わせは~Twitterにてご連絡ください。



ちなみに、右の数字の単位は「ドル」です(^^)♪


関連記事

  1. 2018年に向けて今やるべき事!先延ばし症候群の原因対策と治療法!

    今年もあと僅かとなりましたね!年末は本来やるべき事がたくさんあり、来年に向けての飛躍の準備には腰を据…

Twitter でフォロー

ピックアップ記事

  1. お花見in東京2018!今年は他とはちょっと違うスポットで!?

    季節の変わり目に欠かせない行事といえば、やっぱりお花見。会社や大学で新しく出会った人と一緒に楽しい宴…
  2. 結婚が決まった友人へのサプライズアイデアはBBQとipodで!?

    ここにたどり着いたあなたは、人を喜ばせるのが好きな本物の素敵人。そして人に与えることができる、すばら…
  3. 肝臓の働きの悪さは~モノ忘れのひどさや体のかゆみと関係している!?

    お酒の飲み過ぎといえば、条件反射のように肝臓が悪くなるというイメージが浮かんでん来ます。でも肝臓は、…
  4. 家庭用のマットレスに発生するダニ対策について!

    寝具の一種であるマットレスは快適な睡眠を得るために必要不可欠ですが、用途の性質上、汗や垢などの汚れが…
  5. デトックスダイエット!まずは入浴剤で体の準備!?

    私は毎日~お菓子なしにはいられない困り者です。会社にも¥100でお菓子が買えるbox・・・知ってます…
  6. 骨粗鬆症予防のコツで意外な運動とは!?

    骨にはカルシウムの貯蔵庫としての役目がありますが、骨中のカルシウムは毎日少しずつ入れ替わっています。…
  7. モテるための5つの出会い術とは!?活動しながらレベルアップしよう!

    ここでは、女の子と出会う方法についてお伝えしていきます。前回では自分自身がレベルアップするには多くの…
  8. 夏はダイエットに失敗します!?その秘密は食事の”酵素”???

    夏夏夏夏ここなぁ~っつ♪ って、ダジャレじゃん・・・。な、名曲なのですが・・・。チャゲさんと一緒に歌…
  9. ”節約”で一番大切なこと!?生活費を月2万円!無理せず浮かせる工夫・・・

    節約というと「我慢」という言葉が想い浮かびます。欲しい物を我慢したり、快適な生活を我慢したり・・・。…
  10. 「喘息(ぜんそく)」の原因と改善方法には”筋肉”が関係している!?

    喘息を詳しく知る前に注意することがあります。 一般的に喘息とは、発作性の疾患で、ゼイゼイやヒューヒュ…

話題をチェック!

  1. あなたは電子マネーを使っていますか?近年はほとんどの人が何かしらの電子マネーを使っていると言われます…
  2. 七夕は「たなばた」または「しちせき」とも読み、古くから行われている日本のお祭り行事で、一年間の重要な…
  3. 職場の人間関係って疲れますよね…。個人的には私も「イヤッ」って思ってしまうと、中々人間関係をうまく築…
  4. 今年も夏がすぐそこです。毎年、夏に体調を崩すあなたは、夏バテを解消してくれる食べ物を積極的に食べて、…
  5. ⇒世界のFXトップトレーダーに便乗して自動的に儲ける手法を公開 今や、個人投資家たちの間にしっ…
  6. 改めて問われると以外に知らない「乾杯」の儀式。そんな「乾杯」も由来と歴史を知れば面白くなります。実際…
  7. 鏡をふと見た時に・・・あ れ?な ん だ か 老 け て き た!?そう思った事はありませんか?だん…

スポンサードリンク

RSS ごっつあんてな

ページ上部へ戻る