カフェイン中毒症状を改善する軽食法とは!?

コーヒーはもしかしたら、朝食の一部となっているかもしれません。そして、カフェインの過剰摂取により起こるアクシデントもこの時代の一部と なっています。カフェインを摂りすぎると副作用もあるのです。成人の場合、1日300mg程度の摂取であれば体に影響を及ぼすような問題はありませんが、500mg以上摂取すると人によっては急性中毒(神経過敏、興奮、睡眠障害、顔面紅潮、嘔吐などの胃腸症状等)を起こすこともあります。

急性中毒が出ないからと安心して大量のカフェイン(1日500mg以上)を長期間に渡って摂取し 続けると、慢性中毒を起こすこともあります。(※カフェイン500mg以上⇒コーヒーや紅茶なら10杯以上、緑茶なら15杯以上)カフェイン中毒は、その症状の原因がカフェインであるという事に気づきにくいことが一番怖い部分ともいえます。今回はそんなカフェイン中毒症状を改善する「軽食」を活用する方法を解説致します。

スポンサードリンク

計画的に軽食を用意しましょう!

簡単にエネルギーにあふれ、健康な状態でいる事ができるようにしましょう。オフィスに向かうとか、自宅をあちこち走るかどうかに関係なく、 前の晩、または出かける前の朝に以下の滋養に富んだ軽食のうちの 1 つを用意 してみましょう。

プレーンの低脂肪ヨーグルト

パパイア、パイナップル、マンゴーのようなドライフルーツ、またはリンゴやバナナような持ち運びに便利なフルーツを加えましょう。さらに食物繊維と必須脂肪酸を加えるために、フラックスシードも加えましょ う。

一切れのチーズ

ムンスター、刺激の強いチェダーまたはモンテレージャックのようなチーズは避けましょう。全粒のクラッカーまたは全麦のトルティーヤと一緒に食べると良いでしょう。

トレールミックス

乾燥バナナチップス、アップルリング、さくらんぼ、クランベリー、または昔ながらのレーズンに加え、クルミ、カシュー、アーモンド、一握りのカボチャ種子、胡麻、ヒマワリの種を加えます。複数の穀物、高繊維シリアルに上記のトレールミックスを加えれば、食物繊維 もタンパク質も、鉄分も豊富に含めれており、どこへでも行く事ができます。


スポンサードリンク

大豆料理

低塩の味噌汁、大豆から健康的なタンパク質と単不飽和脂肪を得る事が出来 ます。

タンパク質を加える

白豆、黒豆、あるいは、フーマス(ヒヨコマメスプレッド)、ニンジンまたはブロッコリー、トルティーヤチップス、全麦のプレッツェルはたんぱく質の補給に役立ちます。

ナッツ(種子)

バターは利用できます。アーモンド、カシュー、ピーナッツのバターを新鮮なリンゴや西洋ナシに付けて食べることにより、脂肪、タンパク質、複合炭水化物を摂取することができ、とても良いコンビネ ーションとなります。より大きな軽食の場合には全粒のベーグルまたはパンにナッツバターを載せて食べましょう。

ひとつのもので止まってはいけません!

様々な栄養分を摂取するために、軽食のレパートリーは常に拡大しましょう。雑穀、マコモ、キノア、大麦、ライ麦なども取り入れてみましょう。野菜と果物でも同じようにして、多種多様なものをチョイスし、栄養素を広く 取り入れましょう。

食事だけでは十分ではないでしょう

1日8時間の睡眠、日々の有酸素運動、少量のアルコール摂取という健康的な 生活習慣を作りあげてください。もしそれでもカフェインが無くては耐えられないようであれば、緑茶などカフ ェイン量の飲み物を試してみて下さい。カフェインでの問題を最小限に食い止める事が出来るでしょう。

最後に・・・

さあ、どうでしたか?カフェインを摂りすぎて睡眠障害や胃腸障害など、副作用を感じている方は是非、この機会にカフェインの摂取を控え、上記のような軽食プランを立てて、実行してみましょうね♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です